閉じる

二世帯住宅にするか迷っている!まずはメリットを考えてみよう


光熱費を抑えやすい!

二世帯住宅の大きなメリットになるのが、光熱費を安くできるということです。ガスや電気というのは、料金の中に基本料金が含まれています。基本料金は、使用したガスや電気の量に関わらず必ずかかってしまうものです。親と自分が別々の家に暮らしていた場合、基本料金はそれぞれが支払わなければなりません。しかし、二世帯住宅なら基本料金は1世帯分で済むので、これだけでもだいぶ光熱費が安くなります。

子育てのサポートが受けられる!

子育てがしやすいというのも、二世帯住宅のメリットです。親と離れて暮らしていた場合、気軽に子供の世話を任せられませんよね。一緒に住んでいれば、仕事で両親が家にいない時、子供の世話をおじいちゃんおばあちゃんに見てもらうことができます。共働きをしていると一日中子供を見ておくのが難しくなりますよね。そのため、保育園に預ける親御さんが多くなっていますが、保育園が見つからず困ってしまうケースが多いです。二世帯住宅なら、保育園に子供を預けなくても、おじいちゃんおばあちゃんに見てもらいやすいということです。子育てだけではなく、家事のサポートも受けられるかもしれません。若い夫婦が仕事をしてお金を稼ぐ、おじいちゃんおばあちゃんには家のことをしてもらうというように、しっかり役割分担ができていれば、食事の用意や家の掃除などはすべて任せられるでしょう。もちろん、子育てや家事のサポートを受けるためには、しっかり話し合いをしておく必要があります。

二世帯住宅住宅とは、親世帯と子世帯とが共に暮らす住宅のことです。世代の違う親子間で、プライバシーを尊重しつつ、お互いに助け合えるというメリットがあります。高齢の親世代にも共働き世代にも安心です。