閉じる

ペット可物件に住む際にトラブルを防ぐには!


管理規約をしっかりとチェックしよう

犬や猫を家族の一員として迎えている人は少なくありませんよね。賃貸物件でペットを飼う場合、ペット可物件を選ぶ必要があります。ただペット可物件は犬や猫の飼育が許可されているだけで、必ずしも飼育をするのに適している環境というわけではありません。物件の入居者の中にはペットを飼っていない人もいるので、近隣トラブルを防ぐためには必ず管理規約を事前にチェックすることが大事ですよ。管理規約とは、生活する上で守らなければいけないルールのことです。例えば、物件ごとに飼育可能なペットの大きさや飼育数、種類、共用部分に関するルールが決められていることが多いです。契約した後に後悔しないように、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

しつけをしっかりとやろう

ペット可物件に住む際には、ペットへのしつけをきちんとやっておくことも非常に大事ですよ。例えば、犬は突然の物音や衝撃にびっくりして大きな声で吠え始めることは多々ありますよね。すると、騒音によって隣近所に迷惑をかけてしまう可能性があります。また、散歩に出かけた際に、近所の人にかみついて怖がらせてしまうリスクもあります。このようなことがあると近隣の方から白い目で見られてしまうことになります。したがって、ペットとともに居心地よく生活するためにも、しつけはしっかりと行うようにしましょう。もしも自分の力できちんとしつけができない場合、獣医師やしつけ専門のトレーナーなど専門家に任せてみるのもおすすめの方法ですよ。

旭川の賃貸物件は用途を問わず、中心部と郊外で需要の差が大きく開いているのが実状です。郊外の物件は築年数が浅いうえに家賃が比較的安価なことから需要が多く、逆に中心部の物件は地価の影響で家賃が割高です。