閉じる

注文住宅を建てるための土地の選び方とは?


資産価値を疎かにしないこと

注文住宅を建てるための土地探しをするにあたっては、つい居住環境を重視しがちです。しかしながら、環境だけに着目しすぎてしまうと、資産価値を疎かにすることになりかねません。例えば、自然豊かな環境で暮らしたいと希望して、郊外の土地を選んでしまうと、将来的にその価値が大きく目減してしまう可能性があります。もし資産価値を維持したいのであれば、少子高齢化が進む日本においては、郊外の土地は減価しやすいという点を念頭において土地探しをするようにした方が良いでしょう。インターネットで検索すれば、過去の土地価格の推移を調べることは容易ですので、気になる土地が見つかったら、そういった情報を参考に値下がりリスクがどの程度あるのかを確認してみるのもおすすめです。

建築制限を確認すること

いかに理想的な場所にある土地であっても、建築制限が付されている場合には、希望する建物を建築できない恐れがあります。そのため、土地を購入する前には、必ず条件面を確認して、予期せぬ制限がないかどうかを確認するようにしなければなりません。もっとも、不動産についての専門的な知識がない人間が見ても建築制限の内容を理解することは困難ですので、もし自分だけで見極めるのが難しいと感じたら、建築会社や不動産コンサルタントなどのプロに相談して一緒に確認してもらうようにするのも一案です。多少コストがかかっても、専門家に見てもらったほうが土地選びに失敗するリスクを低減できるはずです。

注文住宅は間取りや建具など、自由度がかなり高く、自分の好みに合わせて作ることができる住宅のことです。