閉じる

安心して住むには賃貸物件の管理会社が大切


いざという時の大家や管理会社の対応

アパートやマンションなどの賃貸住宅には、主に2種類の管理方法があります。一つは大家が自ら管理している「自主管理物件」です。もう一つは、大家が管理会社に委託している場合です。賃貸住宅を選ぶ際にはそのどちらのパターンかを知っておいてから入居したほうがよいでしょう。住み始めてから何かトラブルがあった場合に、すぐに対応できるかどうかがとても大切だからです。例えば、エアコンが故障した時に大家と連絡がつかなかったり、管理会社に連絡してもすぐに対応してくれないような場合があります。そのような賃貸物件ではトラブルも起こりやすく、なにか起こっても後手後手に回るケースが多いものです。

物件選びで大切な事とは

物件選びで大切なのは、万が一の時にすぐに対応できる管理会社であるかどうかです。できれば24時間対応の管理会社が管理している物件であればいつ何時、何が起きても安心して生活することが出来ます。しかし、大手の管理会社であればそのような体制を整えているところもありますが、小規模な管理会社では人件費の問題もあり、24時間対応とまではいかないところもあるでしょう。ですから、物件を決める際にはその物件の管理会社がどのような体制で管理をしているのかも知っておいて損はないでしょう。特に築古の物件であれば、設備上のトラブルはかなりの確率で発生します。管理会社とのやり取りもその分増える可能性があるのです。そのようなことも承知の上で物件を選ぶようにしましょう。

登別の賃貸物件がある地域には、大型のスーパーから小型の商店もあり、日々の買い物に多くの人が利用しています。賃貸物件のある市街地では、徒歩や自転車を利用してアクセスすることも可能です。