閉じる

注文住宅の空間を広く使う!収納の作り方を工夫しよう


生活スタイルに合わせた玄関の作り方

玄関が狭く感じる注文住宅にならないか心配で、住宅デザインを決められない時には玄関の収納スペースの作り方を工夫してください。家族の人数が多いのなら縦に大きいシューズクロークを設置するのがおすすめで、玄関の横のスペースを無駄にせずに済みます。ガーデニングを趣味にしている家族がいるなら、スコップなどの道具を持ち出しやすいように土間収納を作るのもおすすめです。自転車やアウトドア用品なども収納できて、スコップなどに土がついたまま収納しても気にならないのも土間収納を作るメリットです。扉がない土間収納は出入りがスムーズで気軽に物を出し入れできて、便利な収納スペースとして人気があります。

出し入れの頻度を考えて小屋裏収納を活用する

特定の季節にしか使わない家電やレジャー用品を収納するために、小屋裏収納を用意しておくと注文住宅のスペースを広く使えます。天井と屋根の間を収納スペースとして使うのが小屋裏収納で、ハシゴや小さな階段を使って出入りできます。冬にだけ使うスキー用品などを保管しておくための場所として便利で、昼寝や趣味のためのスペースとして使いやすいのも小屋裏収納の魅力です。

キッチンのスペースに余裕が持てる床下収納

キッチンに大きな棚を設置すると室内が狭く感じるのが嫌だという人は、床下収納を活用することでキッチンのスペースを広く使うことをおすすめします。床下収納には食器や調味料などを保管できて、食器棚や冷蔵庫のスペースに余裕を持てます。注文住宅なら床下収納の数や大きさまで指定できるので、キッチンのデザインに合わせて収納スペースの活用法を考えてください。

木造住宅の耐用年数は22年です。建物の寿命ではありません。実際に住み続けられる年数は違ってきます。減価償却の計算に使われるものです。築23年を超えた場合、金融機関によって住宅ローンの貸し出しに影響します。