閉じる

家造りを検討している方は必見!快適に暮らせる家事動線と収納スペースとは


キッチン周辺における家事動線のポイント

毎日家族に食事を作る必要がある家庭では、キッチン周辺の家事動線は家事の効率を良くするにはとても重要なポイントと言えます。食品・食器の収納場所とシンク・コンロの間をできるだけスムーズに移動できるような間取りにするだけでも、食事を作る際の負担は多少軽減されるでしょう。また長い距離を移動して作った料理を配膳する事も少なからずストレスになり、せっかくの温かい料理も冷めてしまう可能性があります。そのため、キッチンと食事をする場所との間の距離もできるだけ短くなるような間取りにするのが理想的です。ただ、キッチン周辺があまりにコンパクトになってしまうと、逆にキッチンの使い勝手が悪くなる可能性もあるので、その点は注意しておきましょう。

収納スペースを設置する場合のポイント

どのような間取りにするか考える際、ある程度の余裕を持たせて収納スペースを設置する事は大切ですが、収納スペースまで移動する家事動線も軽視できない事案と言えるでしょう。収納スペースが大容量であっても、出し入れする度に重い物を持ち運んで長い距離を歩くような間取りでは家事の効率も良くなりません。例えば食器や食品を収納するスペースであればキッチンに近い事はもちろんですが、買ってきた食材などをすばやくしまえる場所に設置するのが良いでしょう。

もし、そのような場所がないのであれば、床下に収納スペースを設けるのも一つの方法です。一方、クローゼットに関しては、日常生活のルーティーンを考慮しながら設ける場所を決めるのがベターと言えます。ジャケットやコートといったアウターを部屋に持ち込みたくない場合は、玄関近くに専用のクロークを設置しておく事も一つの手です。

3000万の家は坪50万円~60万円の2階建て住宅を建てるにあたって適した予算と言えるでしょう。しかし、注文住宅では難しい可能性が高いので、ハウスメーカーが限定的になる可能性があります。